ダイエット 美容

痩せる+健康になるために必要なことについて

食べたい誘惑

 

まず気にすべきことは、中性脂肪を減少させること!!

 

『太ること=脂肪』というイメージがありますが、効率的に痩せたいと思うのであれば、もう少し掘り下げて考えた方が成果も早く出ることになると思います。

 

脂肪の中でも、最も気にすべきは中性脂肪!!
この中性脂肪を過度に蓄積してしまうことによって、生活習慣病などの病気になっている日本人が多いのです。ダイエットというと、やっぱり見た目が気になってしまいますし、それが最優先。

 

でも、これだけ健康に関わってくると、健康面への影響も考えてみるのも面白いと思います。
案外、健康面について考えると、継続することができたりして…。

 

で、前途の中性脂肪についてですが、これは何かというと、すぐに消費されず、もしもの時の為に体内に蓄積される脂肪のことを言うんです。食べ過ぎや運動不足によって、蓄積される脂肪が増えていけば、太るのはもちろんのこと、生活習慣病になってしまうのも当然と言えるのかもしれません。

 

こうなると、中性脂肪を撃退したいわ!!という方向へ向かってしまうのですが…。
この中性脂肪を下げる為に役立ってくれるのがEPAという成分です。
これは、中性脂肪が作られることを防いだり、燃焼を助けてくれたりと、健康になるために大きな役割を果たすとして注目されています。

 

このEPAを豊富に含む食べ物の代表が青魚。
青魚が体に良いことは、今さら言うまでもありませんが、食生活の変化によって青魚を食べることが少なくなっていることは問題として認識すべきだと思います。

 

ただ、青魚が苦手という人も結構いるわけで、誰にでもできる中性脂肪の抑制法とは言えない事実もあります。
EPAを上手く摂取することを含めて、誰にでもできる中性脂肪の減少法ってどんなものなのでしょうか。

 

食生活から見直す場合には、イマークというドリンクがオススメです。
ニッスイから販売されているイマークには、1本に600mgのEPAと260mgのDHAが含まれています。

 

飲みやすいヨーグルト味なので、青魚が苦手という人にも中性脂肪を下げる効果が期待できます。
また、ドリンクなので、どこにいても気軽に摂取できるというのもメリットと言えますよね。

 

 

健康診断で中性脂肪の数値が高かった

 

青魚が苦手で食べることができない

 

長続きしないので簡単にできることがいい!!

 

 

 

イマークは、上記のような人に最適と言えます。

 

まぁどんな方法でもいいのですが、まずは無理をせずに継続できる方法を見つけるのが一番だと思います。

関連ページ

ローヤルゼリー
アサヒローヤルゼリーの体験情報・特徴など
夜の化粧品
夜に効果を発揮する化粧品についてのまとめ